【Craigslist(クレイグリスト)とは】カナダ・バンクーバーの部屋探し&部屋探しで必須なサイトとその使い方をシェア。

【Craigslist(クレイグリスト)とは】カナダ・バンクーバーの部屋探し&部屋探しで必須なサイトとその使い方をシェア。

■なんでも探せるサイト「Craigslist(クレイグリスト)」の使い方をシェア。部屋探しやセカンドハンズ(中古品)を見つけるのに重宝するよ。

【要点】

■Craigslistとは、地域コミュニティーサイトのこと

■ローカルなネット掲示板のようなもので、部屋探しや仕事探しなど探すのに便利

■全て英語なので、その使い方を細かくシェア

【この記事はこんな人におすすめ】

・バンクーバーにて自分で部屋探しをしようとしている人

・Craigslistでどんなものが探せるか知りたい人

・Craigslistを使いたいけれど、英語まみれでなかなか踏み出せない人

バンクーバで「部屋探し」や「仕事探し」をする上でとても便利、かつ地元民にも使われているローカルコミュニティーサイト「Craigslist(クレイグリスト)」。

もちろん英語まみれのサイトなんだけれど、
そのせいで「なかなか(使うのに)勇気が出ない…」という人も少なくないと思う。

今回は、そのクレイグリストの使い方を、できるだけ細かく紹介してみるね。

1,Craigslist(クレイグリスト)とは

(1)クレイグリストって何?

Craigslist(クレイグスリスト)は、アメリカのサンフランシスコに拠点をおくCraigslist Inc.が運営している“クラシファイドコミュニティーサイト”のこと。

簡単に言えば、ローカル情報を共有・交換するためのネット掲示板のようなもので、これが世界50カ国、570都市も展開されている(Wikipediaより)

ちなみに、日本ver.だと、沖縄・広島・札幌・仙台・大阪・東京・福岡・名古屋の8都市分、クレイグリストのサイトがある。
気になる人はチェックしてみてほしい(上の画像から東京版クレイグリストに飛べるよ)

 

(2)クレイグリストで何ができるの?

画像の通り、いくつかのカテゴリーに分かれていて、それぞれで出来ることが異なるんだけれど、それらカテゴリーをざっくり説明すると以下の通り。

■Community
 地域イベントやニュース、ボランティアのお知らせから恋愛相談など
■Services
 個人レベルのサービス(フリーランス?)やお店のサービス紹介など
■Discussion Forum
 政治からお金、離婚まで様々な分野について語る場
■Housing
 部屋探し情報、賃貸募集、商用オフィス情報など
■For Sale
 メルカリみたいな感じ。譲ります、探してます情報
■Jobs
 仕事情報。求人の広告など
■Gigs
 ここにも求人情報が載っていたりする
 (特にハウスキーピング系)あとはイベント情報など
■Resumes
 自分の履歴書を掲載して仕事オファーをもらうコーナー

特に、ワーホリでバンクーバーに住んでる人にとって特に使えるのは

・仕事探し
・部屋探し
・セカンドハンズ(中古品)探し

だと思う。現に、私こくぶんもこれら3つを探す時にお世話になった。

特に、仕事探しに関しては、日本人ワーホリ・留学生の強い味方「JPカナダ」でも探せないことはないけれど、クレイグリストで探したほうが英語環境の仕事を探しやすいからとてもおすすめ。

 

(3)JPカナダとクレイグスリストの違いは?

皆の中で、「JPカナダ」と「クレイグスリスト」について、言語(日本語か英語か)以外に大きな違いってあるのかな?と思った人がいるかもしれない。

私こくぶんも、これら2つのサイトを使いながらふと思ったので、自分なりに調べてみた。表の通りだけれど、ポイントを書き出すと以下の通り。

■物件数は圧倒的にクレイグスリストの方が多い
■条件付き検索機能は、クレイグスリストの方が便利
■ただし、クレイグスリストだと日本語でのやりとりはできない(場合が多い)

いずれにせよ、部屋や仕事を探す際には、JPカナダとクレイグスリストをうまく併用して使いながら探してみるといいかもしれないね。

2,Craigslistの使い方

実際にどうやって使うか。
実際にバンクーバーで「部屋探し」をするとして、以下画像付きで紹介しようと思う。

①トップページ

Craiglist」のトップページがこちら。
英語アレルギーがある人にとっては今すぐにページを閉じたくなるような英語の羅列だけれど、この中から賃貸部屋のページを探す。

カテゴリー「housing」から、画像赤枠に囲った「rooms/shared」をクリック。
※シェアルームが嫌!という人は「housing」のすぐ下「apts/housing」をクリック。
見れば分かるけど、まあ…お高いですよ…。

 

②物件情報一覧ページ

「rooms/shared」をクリックすると、上画像のような物件一覧のページが表示される。
まあ、画像の通りなんだけれど、一応説明。

画面向かって…
左側 →「部屋の条件を選べる」部分
右側 →「各物件が、新着→古い順に上から表示されている」部分

検索条件に「downtown」と入力するなど条件を絞ろう

■検索する際、画面一番上の検索BOX(search rooms & shares)に「downtown」等の検索条件を入れよう。
■ここに何も入力せずに検索をしてしまうと、バンクーバー市内全部の募集中物件が出てきちゃうよ。
■自分が住みたいエリアや駅名を入力してもOK。条件を絞って効率的に探そう。

 

③条件選択コーナー

先程のトップページ「左側」の部分を拡大。
どんな風に条件をかけて検索できるかを、上の画像の通り翻訳してみたよ。

個人的には、条件選択の際に

・価格のMAX値を設定(自分が月に払える最大の金額を設定)
・「家具付き」

を選択すると、より絞られていいと思う。

 

④お部屋・物件紹介ページ

 

さあ、次に実際の「お部屋紹介ページ」を見てみよう。
上の画像にある部屋は、実際に私こくぶんが「良さそうだな」と思った部屋なんだけれど、
これを元に、どんな事が書かれてあるか解説してみよう。

当たり前だけれど、英語まみれ。
最初から全部読もうと思う面倒だから、まずは画像赤枠で囲った「要点」の部分を見て欲しい。

この赤枠、家主が部屋の特徴を「タグ付け」したものなんだけれど、
ここを見ればどんな部屋かざっくり把握できるから、まずここを見るのがおすすめ。

【赤枠・要点の部分】

available apr 1(4月1日から入居可)
furnished   (家具付き)
townhouse   (タウンハウス ※集合住宅)
w/d in unit   washer and dryer in unit  ※洗濯機と乾燥機が部屋についている
no smoking  (禁煙)
street parking(駐車場あり ※路上に駐めるタイプ) 
no private bath(個人専用バスルームなし)
private room   (プライベートルーム)

こんな感じ。

この概要を見て「お、良さそうだな」と思ったら
英語まみれの文章を読んでみよう。

【書かれている内容(英文のみ引用)】

The room available is a small den in townhouse, but we have a huge living room at the first floor, there is also working area and entertaining area for share.
(タウンハウス内、小さなデンの部屋が空いてます。1階部分には、大きなリビングルームがあり、シェアスペースとして作業場(勉強や仕事用)や娯楽スペースもあります。)

No parties, No Pet, No weed in the house please.
(家ではパーティー禁止、ペット禁止、マリファナ・タバコ禁止でお願いします。)

Also we have a private patio only belongs to our townhouse you can enjoy the great space as well. One more great thing is there are 2 huge gym in this building, also comes with swimming pool, jaccuzi, sauna and steam, great for work out and relaxing.
(なお、タウンハウスに住む人専用の素敵なパティオ ※テラス・ベランダのこと があって、もちろん利用できます。更に言うと、なんとプール、ジャグジー、スチームサウナ付きの大きなジムが建物内に2つもあるから、運動したりリラックスするにはもってこいだと思いますよ。)

Rent is $700 per month, utility is $50 (includes electricity, heater, wifi, detergent etc…) Extra might assign if over using the heating.
(家賃は月に700カナダドル ※約5万6千円、水道・光熱費代は50カナドル※約4千円で、電気・暖房・Wi-Fi・洗剤などが含まれます。暖房を使いすぎた場合は、追加に料金を請求する場合があります。

This place is next to various collage and language school (walking distance), such as SFU, BCIT, FDU, VFS and so on. Skytrain station is 2 mins walking, 5 mins to T&T supermarket and costco, 10 mins to Nordstrom and Holt Renfrew.
(立地は、SFUやBCIT,FDU,VFSなど様々な大学や語学学校が徒歩圏内で、スカイトレインの駅から徒歩2分という立地です。T&Tやコストコも5分以内、買い物スポットも徒歩10分程度の距離です。)

This room is available from 1st of April 2019, please email me for an visiting appointment. (I’m travelling overseas right now, wouldn’t reply any call or text by the end of the month)
(2019年4月1日から入居可能です。入居希望者は、見学可能な日時を明記の上、私にメールしてください。今旅行中で国外にいるので、電話やテキストで返信出来ないと思うので、メールでお願いします)

We Prefer girl as roommate. Thanks

(ちなみに、女性のルームメイトを希望しています)
Please text me (no calls) or email me with my contact info,
(コンタクト情報にある番号かEメール宛に連絡してください。直接電話はご遠慮ください)
do NOT contact me with unsolicited services or offers
 (部屋情報に関する事以外の連絡は固くお断りします)

こんな感じ。

個人的には、ダウンタウンでこの神立地。
写真を見ても良さそうだし、これでCA$700はまあまあ妥当だと思う。

ちなみ実はこの立地、まさに私こくぶんが住んでいた場所と同じだった
というのも、このあたり、タワー型マンション(コンドミニアムとも言う)が集合していて、
よく似たような物件が多く投稿されているのを見かけるの。

ただし、部屋は似ているけど、オーナーにより料金が違ったり、光熱費が込だったり別だったりするから、写真を見て同じような物件を見かけたらだとしたら、よく読んで比較検討することをおすすめする

なお、こくぶんは、ほぼ同じような条件で

・Utility(ユーティリティ:水道・光熱費代)
家賃600カナダドル
・完全女性のみ
・住民専用のジム&プールも使いたい放題

だった。
比較検討って大事ね。参考まで。

⑤家主との連絡方法


もし、この物件があなたの予算内で「結構いいじゃん!」と思ったら、
四の五の言わず家主にコンタクトを図ってみよう。

後でも触れるけれど「ん~とりあえず保留!」として、2~3日後連絡してみたら「もう決まりました、ごめんね」とサラッと言われる事はよくあるというかほぼそんな感じ。

では、どうやって家主とコンタクトをとるか。

クレイグリストの場合、画面上紫色の「reply」をクリックすると、電話番号やEメールといった家主の情報が表示されるから、記載されている連絡先(できればテキスト)に連絡を入れよう。

連絡するなら「テキスト」がおすすめ

■家主に連絡する時に注意なのは、家主にアポイントメントを取る場合は「電話番号宛にテキスト(=SMS)を送る」方が返信率が高い、ということ。

■カナダの文化なのかわからないけれど、Eメールよりもテキストの方が主流。

■実際に部屋探しだけでなく、仕事探しにしてもEメールよりもテキストメッセージの方が返信率が圧倒的に良かった(こくぶん経験による)。

 

【テキストとは?どんな内容を送ればいい?以下、参考記事】

◆テキストって何?SMSって何?

【カナダ・バンクーバーはWi-Fi天国?】現地の携帯キャリアに加入することをすすめる6つの理由

◆どんなことを英語で送ればいいの?

【自分で部屋探し:その④】バンクーバーで部屋探し。部屋探しの流れから英語フレーズ集まで。

以上、参考になれば幸い。

 

3,まとめ

以上、クレイグスリストの使い方について紹介してみた。

英語まみれだから、利用するにも気合いが必要な感じがしちゃうけれど、どんなことが書かれているか内容を覗いてみれば、大して難しいことは書かれていないということがわかると思う。

さすがに、英語がほとんどわからない状態で使うのは難しいかもしれないけれど、

例えば語学学校に通いながら、わからない部分は仲の良い先生や、英語ができる日本人の友達に聞きながら使ってみてもいいかもしれない。

私こくぶんは「何事も全て勉強、カナダにいる間は圧倒的に英語まみれになる」と決めていたから、四の五を考えずとにかく使ってみた。

すると、思っていたほど難しくないし、「こんな時どういう英語を使えばいいんだろう?」と、毎回調べる作業が発生したから、それだけで英語の勉強になった。

なので、もし画面の向こうのあなたが「使ってみたいな…」と少しでも思っていたら、ぜひ使ってみてほしい!

だって、とにかく英語の勉強になる。英語を読む勉強にはもちろんなるし、投稿者と連絡する時に英語のライティングやスピーキングの練習にもなる。

そのやりとりの中で「英語を間違えること」が不安だったら、
むしろ「むちゃくちゃ失敗してやる」という前向きな気持ちでいてほしい。

語学習得なんて、間違いや失敗をしてなんぼだよ。本当にそう思う。
むしろ、タダで英語の勉強をさせてもらえると思いながらクレイグリストを使ってほしい。

ぜひ、この記事があなたの背中をポンっと押せていますように。
何か疑問等があればぜひメッセージくださいね。