【トライアルレッスン⑦】VIC -Vancouver International College- 行ってみた感想・口コミ・評判

【トライアルレッスン⑦】VIC -Vancouver International College- 行ってみた感想・口コミ・評判

【画像】バンクーバー中心地、観光スポットの「カナダプレイス」という港近くにある語学学校。実際に2回もトライアルレッスンを受けて、通うことにした語学学校。学校見学とトライアルレッスンに行った感想をシェア。

1,今回行ってきた学校・VIC -Vancouver International College- 

《ざっくり概要》

■「英語をアウトプットすること」に力を入れているカリキュラムやコースを提供している

■同じビル内に 姉妹校の専門学校(Sprott Shaw College)があり、
 VICで一般英語を学んだ後、Collegeの専門授業に異動することもできる。これはいい制度。
(例)ホスピタリティ・ビジネス・医療英語など、コースによっては追加料金がかから移動できる

■他学校にはあまり見られないような医療系の授業も選択コースで取ることができる

■授業後に「無料の英語クラス」が毎週月~木に開講されているというありがたいサービスもある

【補足】
※見学日;2018年4月

※以下の記事内にある学校HP情報・画像を含め、
 記事投稿時から更新・変更されている場合があるから注意してね

※日本人スタッフが駐在していたので、日本語でも問合せ可能(2018年現在)

 

2,さっそく感想

《全体の印象》

■英語学習に対して「目的を持った」生徒が多い印象
 そして、その目的ごとに取れるコースが整っている

■同じビルに専門学校が付属なこともあり、雰囲気が落ち着いていて真面目な印象
 トライアルを受けた他校よりも、国籍問わず社会人率が多めな印象を受けた

 

《向いてると思う人》

■社会人で、ビジネス英語や医療英語も勉強したい人

■できるだけコスパが高く、かつしっかり英語を勉強したい人

■英語学習に対して真面目な友達を作りたい人

■ある程度一般英語を学んだら、専門的なコースや学校に移ろうと考えている人

 

《向いていないと思う人》

■アクティビティ等を通して、英語を楽しみながら学びたい人

■日本人が多めな学校に通いたくない人

■英語の発音を集中的に勉強したい人

 

《こくぶんは、通いたいか否か》

通いたい!というかこの学校にした

しかも決めるまでに2回もトライアルレッスンに行って吟味した
7校トライアルに行った中で決め手はなんだったのか、以下簡単に説明したいと思う。

■コスパが最も高い学校だったこと

できるだけ「料金に対して授業数が多い=コスパが高い」学校と思っていたんだけど、

この学校の場合、毎週「月~木」の放課後に無料のクラスが開講されているという、
とんでもないサービスがあって、このコスパの良さが決定打となった。
(後で詳しく説明)

 

■社会人として、バックグラウンドが多様な生徒が多そうだったこと

トライアルの際に出会った人に社会人が多かった。例えば…

 ・日本で死ぬ程忙しい病院の外科医
 ・ブラジルの弁護士
 ・メキシコで自分の会社を持っている、まあお金持ち
 ・ベトナムのエリート大学を中退してやってきた人

など、面白そうなバックグラウンドを持った社会人が比較的多く
自分が会社を退職して渡航してきたこともあり、彼らのような
バックグラウンドを持つ人と学びたい!と共感できた。

※渡航時期によっては、もちろん学生ばかりの時期もある

 

■日本人アドバイザーが他校よりも最も信頼できた

トライアル7校を受けた内、最も親身に対応してくれたのがここの日本人担当者。

・自分の学校に不利になること(日本人率が高めな点)
・トライアルレッスンの2度も快く受けさせてくれた
・納得の行くまで他校と比べていい、と言ってくれた

など、生徒のことをきちんと考えているマインドが好感を持てた。

 

3,学校の詳細説明

《特徴・サポート》

【Good!】

■入学日が毎週月曜日、いつでも可能。
他校だとテキスト進捗の関係で推奨日がある学校もあるけれど、
この学校は、毎週月曜日ならいつでも入学ができる。

■「午前のみ」もしくは「午後のみ」といった
パートタイムでの授業を受けることが出来る
※後で詳しく解説 

■月~木の放課後、無料のクラス(75分)が開講されている
※後で詳しく説明

「発音矯正」や「スピーキングクリニック(話し言葉の矯正)」といった、
英語のアウトプット力を鍛えるクラスがある。

これらは、選択授業で自由に選べ、かつ1週間単位で変更が可能。

 

姉妹校の専門学校(Sprott Shaw College)に転学が可能
・しかも基本的にコース料金が同じ設定のため、
特殊クラスでなければ追加料金なく転学できる(これは素晴らしい!)

・専門学校では、
「医療英語」「TESOL(
英語を教えるための資格取得)」「ホスピタリティコース」
 など、より専門的なことが学べる。

 

■キッズ専用コースがあり、「親子留学」のニーズにも対応している。

【Not Good…】

■日本人率が他校に比べて高め
日本人率の制限を特にかけていない。
・トライアルレッスンに行った時は、

 日本人:3~4割
 韓国人:2~3割

だから6~7割はアジア系で占められていた
ちなみに、私はレベル6クラスで、とある週は9人中6人(約7割)が日本人だった。

 

■母国語禁止ルールを無視する日本人は、もちろんいる
・休み時間には平気で日本語が聞こえてきた
・意識高そうな生徒が多い第一印象を持っていただけに、これはとても残念だった。

 

「発音矯正」「スピーキングクリニッククラス」が微妙だった…
・トライアルで「スピーキングクリニック」を受けたけれど、
先生が積極的に会話を直してくれることもなく、かなり期待はずれだった

・「発音矯正」は、「鏡を持ちながら実際に発音を徹底的に直す」という
説明を受けていたのに、鏡なんて持ったことはなかった…

【Other】

■英語レベルは1~6段階

■「English Only Policy(母国語禁止)」が他校に比べるとちょっとだけしっかりしていた
→事務所スタッフや先生に母国語を話している姿が見つかったら、
受付け近くに貼ってある、リストに名前をかかれるという徹底っぷりだった。

 

《学生・クラス》

【雰囲気】

■落ち着いた雰囲気。私のように社会人が国籍問わず多かった印象。
 もちろん20代前半も多い。

■専門学校へ進学予定の生徒が準備として語学学校に通っていることもあり、
 目的持った真面目な生徒が多い印象。

 

【国籍】

■前述したけれど、日本人・韓国人で6~7割を占めている印象。
 他、南米・アジア(ベトナム・中国・台湾)そして中東やヨーロピアンが少数。
※夏場はバケーションを利用して南米やヨーロピアンが増えるらしい

 

【クラス人数】

■1クラス 10~12人くらい

■ただし、英語レベルや季節によって変動あり

 

《コース》

【コース概要】

他校と同じように

・午前は「コア(中心)」となるコースを選び
・午後は「選択コース」から授業を選ぶ

まず最初に「コア」となるコースから説明するね。

上の画像にもある通り、下記5つのコースがある。

①General English        
(一般英語)

②Intensive Speaking&Listening   
(スピーキング&リスニング集中)

③Professional Speaking & Writing
(スピーキング&ライティング集中)

④IELTS            
(IELTS対策)

⑤College Preparation        
(専門学校進学準備)

こんな感じでコースがあるけれど、多くの人は①か②のコースを選ぶ。

ちなみに私が在学中は、③のコースは希望者が少なすぎて開講されていなかった
自分が入学する前に、興味のある授業が開講されているかチェックした方がよさそう。

 

【各コースの授業数について】

上で説明した各コースは、自分がどれくらい勉強したいかによって、

週ごとの授業時間数 (5時間~25時間/週)
取れる選択クラスの数(無し~2クラス

がそれぞれ変わってくる。

下記、詳しく説明しよう。

フルタイム     (午前クラス+選択クラス2つ)
セミフルタイム   (午前クラス+選択クラス1つ)
AMパートタイム (午前クラス、選択クラス無し)
PMパートタイム1(午後、選択クラス1つ)
PMパートタイム2(午後、選択クラス2つ)

午前、午後だけといったパートタイムでも授業を受けられるのは嬉しい。

これだと例えば、一度卒業した後に
 「やっぱり選択コースのビジネス英語は継続して勉強したいな」
という場合でも、午前だけ学校に行くなど、働きながらも授業に通える、ということ。

これは地味にありがたいサービス。

 

【選択クラス】

選択コースは全部で10種類。
特徴的なのは、

・ビジネス英語
・医療英語
・TOEICやIELTS

といった専門的コースが「選択コース」で気軽に受けられること。

他校だとそれらは「一般英語コース」とは別の専門的コースで行われる場合も多いから、
これはなかなか良いなと思った。

実際、この選択コースをお目当てにした日本人(看護師などの医療従事者)が多くいたよ。

ただし、これはどこの学校でも同じだけれど、
英語初級レベルだと取れる授業が少ないので注意してほしい。

 

【無料クラス】

次に、私こくぶんがこの学校に通う決定打にもなった「無料クラス」について。

■月~木の授業終了後 15:45~17:00まで毎日開講

■「フルタイム」の授業をとっている生徒であれば誰でも無料で参加可

■申込み方法も簡単で、壁に貼り付けられた、希望する授業に自分の名前を書けばOK
 (上の写真の通り)

 

例えば、どんな無料クラスがあるかというと…

・International Game (海外のボードゲームで遊びながら英語を学ぶ)

・Coffee&Conversation(コーヒー片手に会話)

・Survival English   (今日から日常で使える実用的な英語を学ぶ)

といった感じ。
曜日によって内容は毎週同じ場合が多いけれど、それでも毎回違うトピックで開講されている。

そしてなんと言っても無料
普通の学校なら選択クラスでやるレベル内容なのに。Great!

 

【補足】実際に学校に通って、無料クラスに参加した感想

ちなみに、学校に通った後に、もちろん何度も参加したけれど、
期待した程の授業ではなかった。

理由は以下の通り。

■基本的に先生のテンションが低め
(そりゃエキストラで授業やらなきゃいけないからね笑)

■生徒がほぼ日本

■通常授業よりも全体的に雰囲気がゆるい

という具合。

特に「Coffee&Conversation」はゆるっゆるだったけれど、
毎週「ティムホートンズ」というカナダのコーヒーチェーン店の
微妙なドーナツと微妙なコーヒーを飲みながら、みんなで英語で
談笑するのは楽しかったから、行ってよかった!

 

《価格》

※以下記載する料金は、CA$1=85円で計算(2018年現在)

日本語の資料をもらったから、そのまま貼り付けて説明するね。

■基本的に、どのコースを取ろうが「週ごとの授業時間」によって料金が変わる仕組み。

・これはつまり「コース間の移動が追加料金なしで出来る」ということ。これは素晴らしい
・例えば、「一般英語」から「スピーキング&リスニング集中」に途中変更するなどが可能
・希望に応じて、姉妹校への転学も可能

【補足】姉妹校への転学について

■この学校でできた日本人の友達で3人、姉妹校へ転学した人がいた

■彼女たちは、日本で3~6ヶ月分の学費を全額支払っていたのだけれど、
現地で「転学ができる」ことを知って

・半分は「VIC語学学校で一般英語」を学び
・残り半分は「専門学校でビジネス英語や医療コース」へ転学し、学んでいた

追加料金はかからなかったけれど、確か英語のテスト&面接があったとのこと。
気になる人は、ぜひ学校に問い合わせて確認してみてほしい。

 

《料金シミュレーション》

じゃあ、実際どの位の料金になるか、以下のシミュレーションで見てみよう。

「General English(週25時間授業)」を4週間(約1ヶ月)通う場合

 授業料(Tuition Fee)    CA$1460
 申込金(Registration Fee)   CA$150
 教材費(Material Fee)    CA$100     
==================================  
 合計                                CA$1,710(=約145,350円)

この価格が割安なのか割高なのか、判断基準は人それぞれだろうけれど、
試しに私がトライアルレッスンで行った6校の平均価格から判断してみる。

合計費用 平均価格  :CA$1,728(=約146,838円)
VIC          :CA$1,710(=約145,350円)

合計平均で考えると、平均より若干安い。
では次に、「1時間あたりの授業料」で比較してみる。

1時間あたりの授業料 平均価格:CA$67 (=約5,710円)
VIC                    :CA$68(=約5,814円)  

こちらはほぼ平均価格

とはいえ、何度も言うけれど、
「無料クラス」というプラスαのサービスを考えるとコスパはどの学校よりも高いと思う。

例えば、この無料クラスを月~木、毎日取るとする。
1日75分追加で授業を受けられるから、フルタイム25時間に単純に足してみると…

【無料クラスを月~木、毎週取った場合】

■フルタイム       25時間/1週間  
■無料クラス 75分×4日=5時間/1週間
==================================
合計              30時間/1週間

という計算になる。
つまり、料金据え置きで週30時間も無料で受けられる

この場合、1時間あたりの授業料は他校に比べると、もちろん更に安くなる。
コスパの良さに関しては、トライアル7校受けた中で一番よかった。

コース料金の注意点

時期によって「キャンペーン」として授業料が安くなる場合もあるから、
 一概に価格だけで判断はできないのでご承知おきあれ。

・私がトライアルに行った際は特にプロモーションは無かったけれど、
 申し込む前に何かしらのキャンペーンがないか確認してみてほしい。

 

《立地》

■ダウンタウンの中心街にある。
 観光スポットでもあるカナダプレイスという場所から徒歩5分程度。

■もちろん駅もバス停も近く便利。

 

■ビジネス街にも近いこともあり、
 朝にはいろんな国籍のビジネスマンが通勤に向かう姿が見られる。

■近くにスターバックス、ティム・ホートンズといったコーヒーチェーン店もあるから、
 休み時間に買って来る生徒も多かった。

 

4,学校見学の様子

《学校見学:準備編》

さっそく学校見学の様子をシェア!

…とその前に。一応、私がどうやって学校見学を申込んだか以下に記載しようと思う。

ステップとしては、

(1)VICのサイトに飛ぶ
(2)問い合わせ、をクリックする
(3)すると、カウンセラー一覧が出てくるので、そこから日本人カウンセラーを探し、メールアドレスをコピー

▼実際の画面。他学校の問い合わせは窓口が一括だったから、
めずらしいパターン!と思った。 

(4)GmailやYahooメールなど、自分が所持しているメールアドレスから
 直接カウンセラーのメールアドレス宛にトライアルレッスンの申し込み内容を送る

▼ちなみに私が実際に送ったメール(日本語)はこんな感じ。

(5)あとは返事を待つだけ!
(6)前々日~前日に、再度確認も込めて、「よろしくお願いします」メール送信。

▼すると、ちゃんと日本語で返信が。下の方に書いてある「授業の雰囲気をしっかり体感したければ別日程がいいよ」というアドバイスが嬉しい!

 

《学校見学&トライアルレッスンのスケジュール》

スケジュールと行っても、半日もかからないんだけれど、流れとしては以下の通り。

①5~10分前に到着

②受付にて
”I have a reservation for trial lesson today.”
とトライアルに来た旨を伝える

③日本人スタッフを紹介される

④見学&トライラルレッスンのスケジュールについて簡単に説明を受ける

⑤英語レベルを確認される

⑥本人の英語レベルに合わせたクラスに通される

⑦実際の授業体験スタート

⑧日本人スタッフのいる事務所に戻り、詳しい学校説明を受ける

⑨一通り、学校の様子をぐるっと見て回る

⑩終了。家に帰って、お礼メールをして完了。

という感じ。
ちなみにどの学校に行ってもだいたい同じスケジュールだったよ。

 

《学校見学:当日 ※写真あり》

朝からのトライアルレッスンで余裕を持って行ったけれど、
入り口がわからなくて、隣のビルに入ってしまいあやうく遅れそうになった。

特に看板が出てるわけでもないから、下のGoogleストリートビュー写真、赤枠で囲った所。
学校の入り口となりにアートギャラリーがあるのが目印。

【建物入り口】

画像「赤色に塗られた柱」が目印。ここが確かアートギャラリーで、そのすぐ隣が入り口。

 

【エントランス】

・VICが入っている建物は、姉妹校の学校も入っている。
・VICはビル「2~3階」にあるよ。エントランスは2階。

 

【受付け】

・写真センスの無さは無視してほしい。
・奥に見えるデスクは、各国(日本・韓国・南米系)のアドバイザーがいる。

 

【パソコンルーム】

・受付けのすぐ隣のスペースが生徒専用のパソコンルーム。台数多め。
・プリントアウトは、受付に頼めば無料でしてくれるよ。カラー印刷もOK

 


・マスコットキャラのくま(所沢?)。Tシャツがピッチピッチなのがかわいい。

 

【廊下】

教室入り口はガラス戸になっていて若干オシャレ感。

 

【ラウンジ】


・電子レンジあり、冷蔵庫なし。
・お菓子やカップラーメンが売ってる自動販売機あり。

 

【アクティビティ】


・2016年のカレンダーしかHPになかったんだけれど、
今は毎日のようにフリー&イベントが多くなっている。でも雰囲気はこんな感じ。

・他校とちょっと違うのは、姉妹校のCollegeに通ってる生徒と合同のアクティビティがある。
いつも顔を見合わせる人たちだけじゃなくて、違う学校の人とも交流できるのはいいなと思った。

 

《トライアルレッスン ※写真あり》

では実際にトライアルレッスンの内容や感想について以下、シェア。
トライアルレッスンは2回受けたから、一応2回ともシェアするね。

《1回目》

【受けた授業】General English(一般英語)
【レベル】レベル6 
【生徒数】
・1クラス11人
(日本4人、韓国3人、ブラジル2人、メキシコ1人、タイ1人)※私を除く

生徒の雰囲気がよかった
ほとんどの生徒が発言をしていて、かつ自分の意見を持っていた。
トライアルレッスンに行った中で、一番「このクラスの人と勉強したい」と思えた。

【授 業】

・9:00~12:00(休憩15分あり)

・テキストの通りに進めていく授業。正直、いたって普通の授業。

・先生が生徒の発言を積極的に促したり、クラスメイトとディスカッションしたりする時間も、
 生徒を放置せず1組1組ずつ席を回って質問に答えたりしていたのは好印象だった。

 

《2回目》

【受けた授業】Speaking Clinic(スピーキングクリニック)
【レベル】  初級クラス ※中級が定員オーバーのため参加できなかった  
【生徒数】
・1クラス13人
(日本5人、韓国4人、南米系4人)※私を除く

・このクラスの生徒も雰囲気がよかった
目的や自分の夢を持っている人が多かった印象 

【授 業】

・13:00~14:15

・テキストは無く、先生の配布プリントで進められた。

・この授業「スピーキングクリニック」は、先生が生徒の発音や文法を集中的に正す授業 
と聞いていたが、そんなことはほとんど無かった

・ただただテーマについて、生徒が意見を述べたり隣の生徒と意見し合ったりするだけ。
たまに先生が来てフレンドリーに話してくれるという、至って普通の授業で正直がっかりした

 

【2回受けての感想】

■授業自体は、特徴なく至って普通の授業

・「一般英語」も「選択授業」も、至って普通の授業だった。

・「アウトプット重視」と聞いていたこともあり、どんな方法なのか気になったけれど、
生徒同士でディスカッションしたり、授業中に先生の質問に答える等のみで、具体的なメソッドがあるわけではなかった

・期待外れだったのが「スピーキングクリニック」という授業。
先生が生徒の発言を正してくれると聞いていたのに、普通の授業すぎてがっかりした

「授業」だけをみると「VGC」や「inlingua」の方が良かったというのが正直な感想。

けれど、総合的に、

・真面目な生徒、比較的社会人が多かった
・生徒や学校の「雰囲気」が他の学校に比べて自分に合った
・無料のクラスがあった

といった点が「自分に合った」ことが、トライアルレッスンでとても印象に残った。
(そしてこれらが決定打になった)

 

5,まとめ

以上、トライアルレッスン体験談&感想でした。

トライアル2回受けた位悩んだ学校だったけれど、決め手は

コストパフォーマンスの高さ

生徒の雰囲気が自分の価値観とマッチしたこと

だった。

実際は、日本人率が比較的高いし、授業がすごく面白いわけでもなかったけれど、
いろいろとバランスの取れた通いやすそうな学校だったな、と私は思う。

真剣に英語を勉強したい人にお勧めしたい。

以上、少しでも参考になれば嬉しい!